寝違えて首が痛いときのリンパケアと首筋ゆる

   口の中から筋肉を緩める、「カウンターストレイン」

耳たぶ回しか、これが痛かったら片手万歳を行った後に、口腔内カウンターストレインを行います。

上の歯の歯茎奥にある外側翼突筋や内側翼突筋に触れて、口の内部から咀嚼筋を緩める方法です。咀嚼筋がゆるむと、その周辺のリンパの流れ良くなって、呼吸が楽になり、お顔のたるみも引き締まってきます。

歯茎を置くにたどっていくと、突き当りに軽く押すと痛みを感じるところがあります。

そのポイントに軽く触れながら、4回深呼吸をします。先ほど痛みを感じた突き当りの筋肉がゆるんで、小指が歯列と並行のまま奥に入っていくと思います。押しても痛くなくなります。仰向けに寝て行っても効果があります。

指を口に入れるので、ポリエチレンの手袋を用意します。

  1. 歯茎の奥とほっぺの付け根に小指を入れる。
  2. 手は回外する
  3. 深呼吸をする。4回
  4. 回外してる手をグッパグッパ、キラキラと繰り返す
  5. 反対側も同じように繰り返す。3セット

首筋ゆる

人間の身体は一枚皮です。一枚皮は引張られていたら、頭の先と曲がる部位(首、肩、腰)がつっぱってしまいます。(ソーセージのように)

通常は「首」とは、首すじは後ろ側になりますが、リンパケアの考えでは前側が首になります。

ゆるめる筋肉は、「舌骨上筋群」「舌骨化筋群」と「広頚筋」になります。

これらを緩めると、収縮していた筋肉が膨らむので、ふわっと皮膚が膨らみ、筋肉が膨らむと筒状になり、

体積が増えるので、首が細くなります。姿勢にも影響します。

1.あごとえらを上下・左右指で挟む

    笑筋と広頚筋を緩めます。両手の中指と薬指を開いて、あごの骨とえらを挟みます。上下、左右にの両方向にごく軽くテンションをかけます。肘を上げて。指と腕をほぼ一直線になるようにします。肩と指は力を抜いてください。
    2.呼吸する
    鼻から吸って口から吐く呼吸を3回する。
    3.鎖骨を指で挟んで呼吸する
    広頚筋の下部をゆるめます。両手の中指と薬指を開いて鎖骨の両端を挟んで左右にごく弱いテンションをかけます。肘はなるべく開いてください。肩と指の力は抜いておく、呼吸を3回します。

4.首を手で包んで呼吸する

緩めているほうの腕を90度に曲げて上げ、反対側の手の平で首の側面を柔らかく包みます。

肩と指の力は抜きます。鼻から空気を吸って、口からゆっくりと吐きます。腕全体が脱力していくイ

メージで行ってみてください。3回呼吸を繰り返します。

5.首をなでおろす

首の側面をやさしく両手を使って交互になでおろします。あごはかるく上にあげてください。

鎖骨の下あたりまでをフェザータッチでゆるめてください。

左右の違いを確かめて、反対側も同様に行ってください。

筋肉をゆるめるには、息を吐くこと。

自律神経の交感神経優位(緊張時やストレス時に働き、心身を活発にする神経で激しい運動、興奮や            緊張時、恐怖や危機を感じているときの状態)で筋肉は収縮します。

吐く息に意識を置いた呼吸をすると、副交感神経の働きを高めることができます。

大きく吸ってゆっくり吐くこと。ゆっくり長くはききると、空気は自然と入ります。

最近は、呼吸の浅い人が多いです。胸郭に軽く触れ、胸から吸って、お腹から吐く呼吸を意識してみてください。

 

 

ページの上部へ戻る